お気に入りのブランド物を購入すべくカードローンの審査方法を比較しました

在籍確認なしでどうにか審査してもらえないか掛け合ってみた

お気に入りのブランドに関して目がない | 審査における差は業者ごとに大変顕著 | 在籍確認なしでどうにか審査してもらえないか掛け合ってみた

そこで、早速カードローンの電話相談サービスを利用して、その時点で候補に挙がっていた業者2、3社に対して在籍確認なしでどうにか審査してもらえないかどうかを掛け合ってみることにしました。
するとその中の2社からは特別な提案として、給与明細や社員証などの何らかの会社への帰属を証明する資料があればそれの確認で置き換えることが可能だと言われました。
最終的にこうして私の中の選択肢は2社に絞り込まれたわけですが、最終的な比較材料としては自分のサラリーマンという職業でどれくらいの融資限度額が得られるのかをチェックしてみました。
実際に申請を行うとその履歴が信用情報機関に記録されてしまいますので、あくまでネットの口コミ情報を活用して自分のような中小企業のサラリーマンの一般的な融資限度額について調べてみると、最終的にどちらが適しているかが明らかとなりました。
そうやって事前に比較検討して臨んだので審査もスムーズにいき、検討していた通りの限度額にてカードローン契約することができました。
こうやって融資金を得てほしかったブランド物のアイテムをゲットできて、ホッとしています。

カードローン | 在籍確認について