お気に入りのブランド物を購入すべくカードローンの審査方法を比較しました

審査における差は業者ごとに大変顕著

特に審査における差は業者ごとに大変顕著で、申請時に必要な書類から審査手順、借り入れの可否、それに融資限度額の策定に至るまで様々なポイントで違いが生じることを知りました。
まず、私はその時、できるだけ早急に融資金を手にしたかったので勤務先の総務課に依頼して源泉徴収票などを発行してもらうような手間暇はかけたくありませんでした。
その点で比較すると業者の中では必ず身分証と年収証明書の提示を義務付けるものがある一方で、50万円以下、あるいは100万円以下の融資希望の場合には年収証明書の提示は必要ありませんとするものもあります。
私は当然、こう言った書類が必要ない業者を選択し、さらなる絞り込みを続けました。
次に審査の手順ですが、ほとんどの業者ではまず信用情報機関への照会を通じて過去の借り入れ履歴のチェックや現在の他社からの借り入れの有無などを精査されることになります。
私はこれが初めての借り入れ申請でしたので、この点に関しては全く問題がありませんでした。
その一方で、次に手順として行われる勤務先への在籍確認が大きな負担となってのしかかってきました。
というのも、私の勤務先ではオフィスや従業員数も少ないことから、消費者金融から電話がかかってくるとそのニュアンスで借金申請の在籍確認であることがすぐにバレてしまいそうで、一人が勘付いてしまうとそこから会社全体にすぐに広がってしまうリスクがあるなと感じたのです。

お気に入りのブランドに関して目がない | 審査における差は業者ごとに大変顕著 | 在籍確認なしでどうにか審査してもらえないか掛け合ってみた